家族キャンプ&子供とのものづくり

あさゆけブログ

未分類

キャンプ場が雨予報だった時の持ち物と楽しみ方について

投稿日:

こんにちは、あさゆけです。

雨キャンプは大変というイメージありますよね。キャンプの日が雨予報だと予約をキャンセルしてしまう方も多いのではないでしょうか。今回は雨でも楽しめるキャンプのコツと持ち物で気を付けることについてまとめてみます。

雨キャンプにはこの持ち物が必須!

雨キャンプだからと言ってキャンプ自体をキャンセルしてしまうのは正直勿体ないです。雨キャンプの時は備えが大事!雨キャンプでもしっかり持ち物を備えれば雨キャンプだって楽しめます。

レイングッズで雨除け

カッパや長靴は必須です。テント設営・撤収の時はレイングッズを身に付けてできるだけ短時間で済ませましょう。テントやタープさえ張ってしまえば屋根が作れます。まずは雨除けのタープやテントを素早く設置して居場所を作ればあとは中でゆっくりするだけです。

タープでテントを守ろう

テントとタープをお持ちの方はテントを守るようにタープを張ると雨の濡れからテントを守ることができます。タープはできるだけ水を流せる形の物がおすすめです。(濡れたままのテントを帰ってから乾かすのはなかなか大変なので最低限雨から守るように設置しましょう。)

スノーピーク ヘキサタープ ポール付き アメニティタープヘキサLセット TP-851SR snow peak価格:29,480円
(2021/3/19 16:15時点)
感想(14件)

防寒対策を徹底しよう

外の気温がさほど低くなくても体や足が濡れていると体感温度は低くなってしまいます。着替えやテント内の暖房などを持って行くと濡れている服を乾かしたり、冷えから身体を守ることができます。

ヒーター 人感センサー JCH-12TD4セラミックヒーター ファンヒーター 電気ファンヒーター 人感センサー付き 大風量 セラミックファンヒーター 暖房 暖房器具 コンパクト 節電 人感センサー ホワイト 木目 アイリスオーヤマ【SUTU】価格:6,980円
(2021/3/19 16:17時点)
感想(476件)

着替えは多めに持って行こう

カッパや長靴を履いていても傘をさしてテント設営・撤収作業はできないのでやはり服や靴下は濡れてしまいます。服や靴下を濡れたまま放置すると体が冷えて体調を崩し兼ねないので、着替えは多めに持っていきましょう。

雨キャンプで気を付けること

雨キャンプだからこそ気を付けたいことがいくつかあります。持ち物の備えと下記の内容を気を付ければ雨キャンプも怖くありません。

キャンプサイト選び

キャンプサイトについては土や砂でも水はけが悪いサイトもあります。また、草原など上に何も遮るものがないとテントが思いっきり雨を受けてしまいます。気が生い茂っている所は多少の雨を遮ることができます。

下は砂利で水はけが良く、木々が雨を除けてくれすので雨キャンプにおすすめのサイトです↑

【OK】水はけの良い砂利・芝生、気が生い茂っている林間サイトなど↑↑

【NG】土や水はけの悪い砂など、川が近い河原サイト↓↓

ここまでくるとテント内もびしゃびしゃですね(泣)

道具は最低限にしよう

持って行くキャンプ道具は、テントの設営や撤収作業を時短にするためにも必要最低限のもので極力少ない荷物にしましょう。

テントは濡れたままにしない

予約しているキャンプ場の天候が設営時に雨天でも、次の日の撤収時が晴れていればそのまま太陽の力で乾かすことができます。ただ、テント設営時・撤収時共に雨天だった場合は大き目なビニール袋を持参し、濡れたまま袋に入れて家に帰ってから早めにベランダやお庭で干しておきましょう。テントは濡れたまま放置するとカビやすいので要注意!

雨キャンプのメリット

雨キャンプならではの楽しみ方を知っておくと、雨キャンプも楽しめること間違いなし!雨キャンプをマスターすれば無敵です。

メリット①人気のキャンプ場も空いている

雨キャンプはやはり、テントの設営・撤収は大変なのでキャンセルをする方が多いのも事実です。その為普段なかなか予約が取れない人気のキャンプ場でも空きが出ている可能性が高いです。天気は外れることもあるので、晴れたらラッキー!人気キャンプ場に行けるのも雨キャンプのメリットですよね。

メリット②キャンプの経験値が上がる

雨キャンプは晴れの日に比べて、素早くテント設営・撤収をする必要があります。過酷な状況下での経験は確実にキャンプ経験値を上げることができます。晴れの日のキャンプは楽勝と感じられるようになります。

メリット③テント内でゆっくり過ごせる

晴れの日はやっぱりお外での遊びが中心になり、つい遊びに夢中になり意外と忙しく過ごしてしまいますよね。雨キャンプの場合はとにかくテント内で過ごす時間が多くなります。テント内で会話やカードゲームやテーブルゲームなどゆっくり楽しめるのも雨キャンプならではのメリットと言えます。

メリット④砂埃や煙が少ない

雨キャンプの場合は焚き火やBBQをする方が少ないです。そのため、煙が舞うこともほとんどないですし、砂や土誇りもないので、煙や埃の不快感はほとんどないです。

雨キャンプならではの楽しみ方

雨キャンプでなければ体験できない楽しみ方があります。

カッパと長靴で雨も遊び道具!?

カッパや長靴などのレイングッズ装備を整えて、雨さえも遊びに変えてしまいましょう。水溜まりにじゃぶじゃぶ入ったり、カエルを捕まえたり、雨音を聞いたり、川遊びのように濡れてみるのも雨キャンプだからできること。

テント内でカードやテーブルゲーム

テント内での時間が長いので、仲間や家族を色々なゲームや会話を長く楽しめます。晴れたキャンプや自宅にいる時は家族や仲間とそれぞれの時間を過ごしがちですが、雨キャンプは皆で近い距離で長時間過ごす体験を楽しむことができます。

家族や仲間と会話を楽しむ

家族や仲間との会話がたくさん楽しめます。家で過ごしていてもそれぞれのやることや時間があるので、会話をする機会ってあるようでないと思うんです。雨キャンプでゆっくり会話を楽しんでみるのもいいですよね。

雨キャンプは備えがあれば楽しめる♪

雨キャンプは雨除け・防寒するための持ち物さえあれば、雨ならではの楽しみ方があります。人気のキャンプ場に行けるチャンスでもあるので、雨だからという理由でキャンセルするのではなく、雨そのものを楽しんじゃいましょう。きっとキャンプ経験値も上がってキャンプの自信が付くこと間違いなし!

-未分類

Copyright© あさゆけブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.