家族キャンプ&子供とのものづくり

あさゆけブログ

未分類

日本一危険な動物園!?体験型&スリル満点の「ノースサファリ」

投稿日:

こんにちは、あさゆけです。

札幌の定山渓温泉方面にある動物園「ノースサファリ」。ノースサファリで死亡事故が噂されるほどスリル満点の体験型動物園です。他の動物園ではなかなか体験できないことがたくさん体験できるので刺激強めが好きな方におすすめですw

体験型ふれあい動物園【ノースサファリサッポロ】 | 見て、ふれて、癒される!体験型テーマパーク (north-safari.com)

ノースサファリってどんな動物園?

ノースサファリは、普段は危険でなかなかエサやりができない動物のエサやり体験ができたり、ゲテモノを食べられたり、危険なアクティビティができるかなりスリル満点で個性的な動物園になっています。

動物園にしては入園料高めです。エサ料金は別途必要。

ノースサファリでどんなことができるの?

危険!スリル満点!自己責任!と怖いワードばかりが出てくる「ノースサファリ」ですが、園内ではどんな体験ができるのでしょうか。

危険動物にエサやりができる

ノースサファリではエサやりできる動物の種類がかなり豊富です。園内にいる動物のほとんどにエサやりができると言っても過言ではありません。各動物向けのエサ販売機があらゆる場所に設置されています。体験の中にはスーパープレミアム&プレミアム体験という他の動物園ではできないような動物の抱っこやエサやりができるので、有料ですがぜひ体験してみて下さい。かなり刺激的強めですw

ゲテモノが食べられるフードコートがある

フードコートでは、ワニやサメなどの肉を使ったバーガーやカレーも販売されています。また、ゲテモノを食べられるBBQもあります。うちの家族はゲテモノは見るのもNGだったので、普通のカレーとオムライスを食べましたw

唯一食べたクロコダイルバーガーは魚と鶏肉の間のような食感でかなり淡白なお味でした。

二日前に事前予約が必要になりますが、こんな個性的なBBQも。危険と言うか…食事中に一緒に過ごすお相手として望まないな…と言うのが正直な感想。「ヘビテーブル」ってヘビは熱くないのかな…と心配になります。

サメのナゲットは魚寄りのナゲットで意外と美味しかったです。
他はとても食べる気になれませんでした。

危険動物しかいないエリアがある

ノースサファリ内には実際に触れようものなら命の危険がありそうな動物ばかりが揃うデンジャラスゾーンがあります。もう看板からしてホラーですが、一歩間違うと本当に危険です。お子様から目を離さず、見られることをおすすめします。

デンジャラスの森でフクロウに触れたのはかなり嬉しい体験でした。フクロウって触れる動物だと思っていませんでした。ギョロっとした目はインパクトありますが、触り心地良かったです。

自己責任のアクティビティがある!?

2021年にリニューアルオープンした「ノースサファリアドベンチャー」と言うエリアが園内の一番奥に新設されていました。全てのアクティビティがまた自己責任の危険なものばかり。いつか本当に事故起きるのではないかという不安も感じるアクティビティばかり。全てが不完全で手作り感の怖さと言うか…大人でも十分な怖さがあります。

このネットアスレチックは何が怖いって、このハシゴです。
この手作り感が子供が落ちるのではないかとかなり怖かったです(泣)
橋の先に見える景色も怖いけど、未完成過ぎる橋自体が怖い(泣)
ロデオは自分たちで操作するので、親が操作する分には加減ができますが…子供にうっかり操作させてしまうと振り落とされます。子供の操作は大変危険です!一応ヘルメットは着用ですが…。

普通じゃないイベント盛りだくさん

ノースサファリでは一日の中でイベントもたくさん開催されているので、滞在中は意外と忙しいです。イベントもエリア別で開催されているので、移動も伴います。イベント時間を見ながら園内の動物とのふれあいやアクティビティを楽しんで下さい。

唯一参加できたアヒルレース。どのアヒルが①着・②着かを事前に予想する「競アヒル」です。予想が見事当たると、プレミアム体験チケットがゲットできます。我が家は外れました(泣)レース自体は一瞬で終わってしまいますが、アヒルは可愛いし面白いイベントでした!
個人的には仔ギツネの抱っこが気になりました。
この子が抱っこを控えている仔ギツネです。可愛い♡
これはワニに抱っこです。お口はしっかり固定されていたのでご安心を。
怖がりなうちの子供たちは体験を断固拒否。

ノースサファリでの注意点

ノースサファリに関しては普通の動物園のような安心感がありません。刺激的でスリルある体験型動物園だからこそ気を付けなくてはならない点があります。

子供のおふざけが命取り!?

楽しい場所は子供に限らず、大人も調子に乗りがち。楽しい場所はどうしてもテンションが上がって、気持ちも大きくなってしまいます。でも、そこでふざけたりしてしまうと本当に危険です。特に小さいお子さんをお連れの方はお子様から目を離さないようにしましょう><

親は子供をしっかり監視

動物はやっぱり可愛いので子供だとすぐに近付きたくなるし、触りたくなります。エサやりも動物によっては噛んだり、鋭い牙を持っていたりするのでトングなどの道具を使わないと危険な動物もいます。どのエリアでも子供だけで体験させることがないようにして下さい。

エサやりの種類が多過ぎなので、小銭は多めに

エやりの自動販売機が園内のあらゆる場所にあり、プレミアム体験など入園料とは別に有料の体験ものがとても多いです。両替機もありますが、とにかく小銭がたくさん必要になるので来園前に小銭にしといた方が良いかもしれません。

手を出してエサを求める姿が可愛すぎる。
トングなどを使うエサは噛む危険がある動物なので、道具を使ってエサやりしましょう。
アライグマはかなりお腹ペコペコらしく、エサの反応が凄かったです。

環境を考えた「バイオトイレ」が衝撃!

ノースサファリ内のあるおトイレは全て「バイオトイレ」です。環境を考えて水洗ではなく土のおトイレです。汚物と専用のトイレットペーパーのみを微生物の働きによって分解し、土に還す仕組みになっています。初めておトイレを利用した時は正直かなり抵抗があり、(土から何か出てくるかという恐怖)なかなか座れませんでした。滞在中に慣れてきました。

感想まとめ

ノースサファリは確かに油断したりおふざけが過ぎるとかなり危険な動物園ではありますが、他の動物で園ではできない特別な体験が楽しめます。園内のスタッフにでもならなければできない体験だと思うので、かなり大きいお子さんでも楽しめる動物園だと思います。親の目が行き届いていればそんなに怖い動物園ではないので、動物好きなご家族には是非ともおすすめしたい動物園です!

-未分類

Copyright© あさゆけブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.