家族でのおでかけや子供とのものづくり

あさゆけブログ

未分類

【お出掛け情報】PICA初島

投稿日:

こんにちは、あさゆけです。

都内からもアクセスしやすい離島と言えば…初島です。熱海から船で30分ほどで行くことができます。前回PICA秩父に行って来ましたが、今回はPICA初島へ行って来ました。今回もコテージ泊です。ホテルや旅館に宿泊するというよりも自分たちでご飯を作ったり、人との接触頻度も少なく温かい場所でゆっくりと過ごせるので、今のような寒い時期にはおすすめです。

PICA初島にはどうやって行くの?

PICA初島は熱海港から船で行くのですが、都内からアクセスすると毎度毎度渋滞に巻き込まれます💦乗ろうとしていた船の時刻通りに到着できずでした。余裕を持ってお家を出られた方が良さそうです。熱海港~初島港までは平日は10便・土日祝日は11便あります。

チケットは基本往復で購入するので、復路チケットは失くさないように気を付けて!!
大人往復2,640円
子供(小学生~)※小学生未満無料往復1,320円
だいたい一時間に一便なので、一つ逃すと待ち時間発生!
熱海港近くに公園があるので、我が家はそこで時間を潰しました。

周辺に駐車場がありますが、熱海港近くの駐車場でも16時間まで1,600円になります。駐車料金がかかるので、電車を使った方が駐車料金を気にせずゆっくりできるかもしれません。熱海駅から路線バスで15分でいくことができます。

この船に乗ります。三階建てで上の階に行くほど寒いです。一階に自動販売機がありました。

船内での過ごし方

屋上の展望デッキは見晴らしがよく、天気が良い日は富士山を見ることもできるそうです。この日は曇っていて見られませんでした(泣)また、11月~3月まではシベリアからカモメがやってくるそうです。かっぱえびせんなどのお菓子をあげると寄ってきます。すっごく可愛いです。そんな可愛いカモメと触れ合える楽しみもあります。

カモメのエサやりができます。カモメも飛びながら一生懸命エサをキャッチしてくれます。
船のスピードが落ちている時の方が寄ってきてくれます。

PICA初島とは

PICA初島 (pica-resort.jp)

「PICA」とは、アウトドアリゾート施設で、秩父の他にも山梨県(富士吉田・富士西湖・山中湖・fujiyama・八ヶ岳)、静岡県(富士ぐりんぱ・表富士・初島)、神奈川県(さがみ湖)、埼玉県(秩父)にもあります。都内からも車でアクセスしやすいです。その中で、今回行った初島は熱海から船に乗って30分で行くのでかなりリゾート感を味わえます。

熱海港からPICA初島にいく途中には初島の海でとれた海産物を堪能できる飲食店がズラリ。
現金のみ(PayPayが一店だけ)の取り扱いです。
初島港から10分ほど歩くと見えてきます。看板も出ているのでわかりやすい道のりです。

PICA初島はトレーラーハウスとコテージの宿泊施設があります。一つ一つの施設の距離がしっかり保たれているので、広いお庭のある一軒家のように広々と過ごしやすい施設でした。今回はアイランドヴィラテラス(定員6名)に宿泊しています。

コテージの全体はこんな感じです。外が特に広々~。
BBQスペース上には大きなタープがあるので日差しや雨もしっかりガードしてくれます。

アイランドヴィラテラスの室内は?

今回宿泊した施設はトレーラーハウスのアイランドヴィラテラスは6名が定員になっていて、2020年3月にオープンした宿泊施設なのでとっても綺麗でした。BBQスペースがとにかく広い!!そのお外のお庭?もかなり広々していて快適です。お部屋は長細い作りになっていてロフト付きです。トレーラーハウス内は広々ーという感じはないですが、バリ風の雰囲気があって居心地よかったです。

BBQテラスはテーブルも大きく、調理場も広くて夕食・朝食の準備もしやすかったです。小さな洗い場が外にあるので、テラスだけでご飯の準備は全てできます。
全ての棟にハンモックが付いています。子供たち大満足で何度も乗ってはゆらゆらしてました。
※雨天時は取り外して下さい。我が家は夜中の雨で取り外し忘れ、朝湿っていました(泣)
お風呂もこんな立派な浴槽が!お風呂(海泉浴「海の湯」)までは宿泊施設から少し距離があるので、こちらを利用しても良さそうです。
洗面所のアメニティも充実です。お湯も出ます。
アイランドヴィラにはトイレが付いています。(アジアンヴィラは付いてません)
お部屋にトイレがあるだけでも安心します。
このソファーはベッドにもなります。冷蔵庫も冷凍・冷蔵がそれぞれあります。
温かいお茶やコーヒーが淹れられるポットもありました。テラスのコンロで温められます。夜のお出掛け(お風呂など)の時はお外が真っ暗なので、このランタン(2個)が必須!
食器や調理道具も一式揃っています。(大小のお皿・ステンレス小ボウル・お椀・スプーン・フォーク・お箸・お玉・トング・キッチンばさみ・栓抜き)があります。
なぜかダッチオーブンとホットサンドメーカーも(使い道が謎・・・)
ゴミの分別が袋の色で分けられているので、わかりやすくて助かりました!
ベッドと上にロフトもあるので寝床は充実しています。

食事はどんなものが出る?

PICA初島の食事は基本的に海鮮になります。我が家は夕食も朝食も「美味しい、美味しい」を連発するほど夢中で食べてました!それぐらい海鮮が激ウマです。また食べに行きたいくらいです。

PICA初島は、食材も各棟まで夕方くらいに運んできてくれます。ありがたい。

【夕食】海鮮BBQ(伊勢海老・ホタテ・サザエ・鮭の香草焼き・タコとブロッコリーのマリネ・あさりの炊き込みご飯・カニ汁)

海鮮BBQはエスカルゴバターをのせて焼くのですが、とっても美味しかったです。お肉のBBQは胃がもたれてしまいますが、海鮮はヘルシーでどれも美味しくお腹もしっかり満たされました。最高!!!白ワインが合いそうなメニュでした。(写真の飲み物は付いてませんw)

夕食メニューです。それぞれの調理法も書いてあります。
こんな感じでメンスティンのような容器を調節火にかけられるので調理も楽ちんです。
調味料もお部屋に完備。スパイスやお醤油などがあります。我が家では出番がありませんでした。

【朝食】中華粥・中華餅・ピクルス・杏仁豆腐

朝は体が温まる中華粥と中華餅で体に優しいメニューでした。たくさんの薬味を色々組み合わせて食べられるので、同じ中華粥でも色んな味が楽しめるので飽きの来ない味でした。そしてお粥でもしっかり身体を温めて、お腹にも溜まります。(写真のコーヒーは付いてませんwコーヒーは売店にあります)

朝食メニューはこちらです。
朝食はこんな感じです。朝まで冷蔵庫に保存しておきます。
我が家はシーフードBBQをセレクト。他にもお肉が食べたい方にはアジアンBBQもあります。
追加メニューもあります。足りない方やお子様用に追加したい方はこちらを参考に~。

PICA施設内には何があるの?

PICA施設内の受付近くにはお風呂と売店があります。宿泊施設からは5分くらいになります。階段の昇り降りがあるので、いい運動になります。

【売店】売店はあまり品数は期待できません。お土産品・飲み物・アイスが販売されています。

不思議なラインナップの売店で、特に必要なものはなかった・・・。
飲み物は割と揃っています。お酒もあります。

【お風呂】海泉浴「島の湯」は受付すぐ横にあります。タオルはお部屋から持ち込む必要はありません。浴場内にあるので、荷物も少なくて済みます。温泉自体は海泉浴なのでしょっぱいです。浴場内は思ったより広々していて、混み合うこともなかったです。綺麗で露天風呂からの眺望は最高です!21時まで利用できます。(最終入場20時半)

※宿泊者は無料で利用できます。

PICA施設内の利用時間はこのようになっています。

【アジアンリゾートヴィラ】PICA施設内には宿泊施設が他にアジアンリゾートヴィラが別エリアであります。こちらは宿泊者以外は立ち入り禁止なので、写真も遠くからになりますが、参考までに。

アジアンリゾートヴィラはこちらになります。トイレとお風呂は付いていません。

PICA内で遊べるアクティビティ

PICA初島も子供が思い切り遊べるアクティビティが充実しています。PICAに滞在中ぜひお子様と楽しんでみて下さいね。

ツリートレッキング「SARUTOBI(サルトビ)」

初島のアクティビティの一つ「SARUTOBI」は、専用のハーネス(命綱)を着用して、木の上のアスレチックのようなものを渡っていくアクティビティです。高さもあるので、スリル満点です。

※身長110cmで5歳以上であればチャレンジできます。

コースは難易度も様々ですが、初級の12コースと中級7コースと最後の約40mのジップスライドと計21個のアクティビティで出来ています。

今回も参加条件を長男が満たしておらず、できませんでした。
毎度毎度思いますが、とても楽しそう・・・。次回こそはチャレンジしたい!
子供たちの成長を強く望みます!

アスレチックパーク「VOTAN(ボウタン)」

10種類のアスレチックを物語を攻略しながら進んでいくアクティビティです。サルトビができない小さいお子様やサルトビをやるのに勇気が出ないお子様についてはこのボウタンがおすすめです。アスレチックや迷路など不思議な形の遊具があり、面白いです。

ボウタン全体の地図です。①から順にアスレチックをこなしていきます。
子供たちもとっても楽しそうにアスレチックを楽しんでいました。
現在、コロナ対策で軍手着用が必須です。持参された方が良いですが、忘れた場合でもその場で購入することができます。(子供用・大人用同料金の320円です)黒手袋が子供用です。
こんな看板があり、ひとつひとつを順に進めていきます。
3歳以上であれば親の同伴こそ必要ですが、かなり楽しめます。親もいい運動になります。
サルトビ・ボウタン受付近くに券売機があります。宿泊者は450円で利用できます。(通常600円)

宝探しアドベンチャー「海賊島の冒険日記」

受付(サルトビ・ボウタンの受付場所と同じ)で宝の地図を購入します。(一人600円)宝の地図に記された7つの謎を解いて、初島に隠された海賊の宝を探す宝さがしゲームです。早い人でも1時間半くらいかかるそうです。2時間以上かかる方もいるそうなので、家族で力を合わせて謎を解いていきましょう!

受付で渡される宝物の地図です。鉛筆付き。ワクワクしますね~。

我が家は最後苦戦して一時間半くらいかかってしまいました💦解読できた時は「あー、そういうことか!」とかなり家族で盛り上がりました!親も夢中になってしまうほど楽しいです。ぜひチャレンジしてみて下さいね^^

PICA施設内にこんな看板がチラホラ。その中の一部です。家族で力を合わせて解読していこう!

レストラン「アジアンガーデンR-Asia」

PICA初島内にあるレストランになります。宿泊者以外は入園料金が必要になります。(大人:950円・小人:550円)ハンモックに揺られながら食事が楽しめるエリアになっています。食事もバリ風でどれも美味しかったです。テラスではBBQもできます。

タイ風アジアン料理が中心です。子供たちはカカオショコラが激ウマだったそうです。
2日連続で食べてました。どのお料理も美味しいです。
こんな感じでハンモックに揺られながらゆったりと食事も楽しめます。
こちらで食べる場合はテイクアウトメニューを利用になります。
テイクアウトメニューはこちらです。店内の方がメニューは充実しているかも!?

初島PICAに行く時の注意点

初島PICAを利用するに当たって我が家がこうしとけば良かった!ということをお伝えします。ぜひ、行かれる時の参考にして下さいね。

①現金を持って行こう

初島はATMがほとんどありません。(漁協センターにありますが、主要銀行はほとんど使えません)もちろんコンビニもありません。また、クレジットやPayPayや電子マネーを使えない店がほとんどなので、現金を多めに持って行った方がいいでしょう。PICA初島の宿泊費用・売店・レストラン利用についてはクレジット使えます。

②荷物は極力少なくまとめる

船に乗ってからはPICA初島まで手荷物で運ぶことになります。また、トレーラーハウスやコテージに行くのに階段も多いのでできるだけ荷物は少ない方が移動は楽になります。食料は初島港の近くにスーパーマーケットがあるので、そこで調達できます。(店員さんはぶっきらぼうw)

③船に乗る前にえびせんを買う

船に乗る時にカモメに餌あげをしたい方は乗船前にえびせんなどのお菓子を準備しておきましょう。我が家は買わずに乗船してしまい、カモメをただ見ることしかできず、30分の乗船時間が長く感じました(泣))帰りの船ではしっかり準備できたので、カモメと戯れている間にすぐ着いたように感じます。

またリピートしたい!初島PICAでした。

初島自体が初上陸でしたが、都心からアクセスしやすい離島になります。ここは沖縄の離島!?と思わせるほど、リゾート感満載でゆっくり過ごせて大満足です。沖縄は遠いけど、初島なら気軽に行けて沖縄に居るような感覚も味わえます。波の音も聞こえるのでかなり雰囲気があります。今は飛行機での移動は抵抗ある方も初島で沖縄気分をぜひ味わってみて下さい!最高💛

-未分類

Copyright© あさゆけブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.