40代主婦の家族キャンプ&子供との日常ブログ

あさゆけブログ

キャンプ

夏休みはキャンプに行こう♪夏休みに家族で行きたいおすすめのキャンプ場10選をご紹介!すぐに満席になるので、ご予約はお早めに〜!!

投稿日:

こんにちは、あさゆけです。

コロナ禍によってキャンプの人気は急上昇〜。新しいキャンプ場も続々オープンしていますが、特に人気のキャンプ場で週末の予約を取るのはかなり大変な状況です。今回は比較的予約も取りやすい家族向けのキャンプ場を10個ご紹介していきます。予約スケジュールも参考にしてみて下さいね☆

家族キャンプでキャンプ場を選ぶ基準

家族キャンプとなると小さい子どもを連れていくので、子どもが楽しめるような遊具があったり、高規格キャンプ場のように施設設備が整っている所を選ぶと快適にキャンプを楽しめます。

キレイなおトイレがある高規格キャンプ場

キャンプ場によっては和式トイレや仮設トイレやテントから距離があって暗い道を辿って行くような場所もあります。子ども一人では行きにくかったり、水洗トイレに慣れているお子様だとおトイレに抵抗感があったりするので、おトイレは水洗トイレで割とキレイな場所を選ぶとお子様一人でも行きや安心して行きやすいです。

広いサイトがあるキャンプ場

キャンプ場によっては1区画の広さが60㎡以下の小さいサイトもあります。子どもたちはサイト内で遊んでいると夢中になってお隣のサイトに踏み込んでしまったりすることも💦また、家族同士のグループ利用も夏休みは増えるので、できるだけ広いサイトの方が敷地をのびのびゆったり使えて、サイト内で縄跳びやバドミントン・ボール遊びなどもできます。

キャンプ場内又はキャンプ場近くに温浴施設がある

特に夏のキャンプは日中が暑く、子どもたちも遊び回るうちに大量の汗をかくので温浴施設に入ってリセットしたい!キャンプ場内に温浴施設があると車移動せずにお風呂に入れるのでいいですよね〜。キャンプ場内に温浴施設があると車の移動せずに入れてよりおすすめ。キャンプ場から車で数分でアクセスできる温浴施設もチェックしておきましょう。

キャンプ場内に遊具がある

キャンプ場のサイトから歩いて行ける範囲に遊具があるキャンプ場もあります。テントの設営時&撤収時、食事の準備中に子どもたちが飽きることなく遊べるスペースがあると助かりますよね。子どもたちもしっかりお腹を空かせて食事ができるので全力でキャンプを楽しめます♪

子供向けのイベントが開催されている

ファミリー向けのキャンプ場は週末や夏休み限定でイベントもたくさん開催されています。マス釣り・ワークショップ・バウムクーヘン作り・焚き火体験・花火大会など子どもたちが楽しめそうな企画が盛り沢山なので、子供向けイベントも要チェック!

夏休みに家族で行きたいおすすめキャンプ場10選

では、今まで利用したキャンプ場の中で家族キャンプにぜひおすすめしたいキャンプ場を10選集めてみました。これからのキャンプ予約の際に参考にして頂ければと思います。

※各キャンプ場の予約ルールも書いておいたので参考にしてみて下さい。

アウトドア用品【L-Breath】

【埼玉】ケニーズファミリーヴィレッジ

※3ヶ月前の1日より予約可能。

埼玉にあるケニーズファミリーヴィレッジはサイトの面積はさほど広くはないのですが、夏休みシーズンは川遊びを楽しむことができます。また、キャンプ場内ではマス釣りや遊具・ボール遊びができる広場もあるので、子どもたちもキャンプ場内での楽しみがたくさんあります。

ケニーズファミリーヴィレッジ:https://www.kfv.co.jp/

【千葉】リソルの森

※現在8月末まで予約受付中(7月・8月はプール・スパ付きの特別プランになっています)

我が家が最もリピートしているキャンプ場のリソルの森キャンプ場。超キレイなおトイレとスパが利用できるのがおすすめのポイントです。また、リソルの森自体の施設がアスリートも利用するような本格的なスポーツ施設になっています。キャンプ前後にスポーツを楽しむことができ、大人気のツリートレッキング「ターザニア」もあるので、夏休みキャンプにもおすすめです!

リソルの森:https://www.resol-no-mori.com/camp-site/

6/11〜夏休みを挟んでターザニアでは「鬼滅の刃」のイベントも開催中!

【千葉】有野実苑

※こちらのキャンプ場は予約時に事前にサイト料金を振り込むシステム。電話での予約のみになっています。現在8月までの予約を受付中。(2ヶ月先までの予約が可能)

有野実苑オートキャンプ場はキャンプ場内で季節の野菜果物の収穫体験ができます。また、夏季シーズンはキャンプ場内でプールも楽しめます。また、手作りの温浴施設もあるのでキャンプ場から移動することなく連泊でも十分楽しめました。

【群馬】無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

都心からは距離がありますが、とっても大きなキャンプ場なので比較的予約が取りやすいです。また、予約時にサイト指定もできるのでグループキャンプにもおすすめ。売店には無印の商品が充実しています。また、夏休み中は子供向けのワークショップなどのイベントも開催されています。夏でも涼しく過ごせます。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場:https://www.muji.net/camp/tsumagoi/

【栃木】メープル那須高原キャンプグランド

※3ヶ月先の予約が可能。

メープル那須高原キャンプグランドは看板からキャンプ場に行くまでが結構距離があって長ーい砂利道が続くのが印象的ですwキャンプ場内には遊具やイカダに乗れるような子ども大満足の遊び場が充実しています。ちょっとした水遊び場もあって子どもも大満足。キャンプ場内に温浴施設もあるのも嬉しい☆

メープル那須高原キャンプグランド:http://www.maple-nasu.com/

【神奈川】PICAさがみ湖キャンプ場

※3ヶ月先のちょうど一ヶ月までの予約が可能(例えば6/9に予約する場合、9/9までの予約が可能)

PICAのさがみ湖キャンプ場はキャンプ場内でマウンテンバイクに乗ることができるアクティビティがあります。キャンプ場内には日帰り温浴施設もあるので、お風呂にも困りません。また、すぐ近くに「さかみ湖プレジャーフォレスト」と言う遊園地があるので、キャンプ前後は遊園地でしっかり遊べます♪

さがみ湖プレジャーフォレスト:https://www.sagamiko-resort.jp/

【静岡】モビリティパーク

※予約は電話のみになっています。3ヶ月前から予約が可能。電話さえつながれば予約できます!

モビリティパークはキャンプ場内の区画がしっかりされていて、散策できるくらい広々としています。また、大きな広場では遊具はもちろんプールや魚釣りも楽しめます。広場がとっても広いので、ボール遊びも楽しめます。また、巨大滑り台もあるので子どもにとっても思い切り遊べるキャンプ場です。キャンプ場内には浴場もあるのでお風呂の心配もないです。

【静岡】マウントフジキャンプリゾート

※通常公式サイトからは一ヶ月先の予約になります。ただ、公式LINEで友達登録すると日にち的にもちょうど3ヶ月先の予約ができて、イベントの案内もあるので予約の際にはLINE登録をしておきましょう!

マウントフジキャンプリゾートもかなりリピートしている大好きなキャンプ場です。超高規格なので全てが新しくてキレイでおしゃれ。日本で一番広いサイトがあるキャンプ場と言えるのではないでしょうか。キャンプ場内ではバギー体験・芝すべりができます。サイト自体がありえない広さなので、サイト内でボール遊び・バドミントン・縄跳びなど楽しめます。グループキャンプにもおすすめ☆

マウントフジキャンプリゾート:https://mtfuji-camp-resort.jp/

【山梨】べるが

※6月1日より既に8月末までの予約が開始されているため、平日含め既にどのサイトも満席です。キャンセル待ちを狙うしかなさそう・・・。2ヶ月先の予約が可能。

べるがは近くに本格的な温泉に入れる温浴施設があって、遊具・水遊び場・子供向けイベントが充実しています。べるが自体が1日では遊び尽くせないほど広々としていて連泊したいくらいのキャンプ場なので、夏休みは特に人気が集まりそうです。

べるが:https://www.verga.info/

【山梨】フォレストヴィレッジコビット

※一ヶ月先の予約が可能なので、8月の予約はまだこれから(7/2〜)なので間に合います!

フォレストヴィレッジコビットは南アルプスとあさぎりの2箇所のキャンプ場があります。それに加え、2022年4月から「うるぎキャンプフィールド」も加わりました。ファミリー向けのキャンプ場なので家族キャンプにおすすめ☆広いサイトがあり、サイトそれぞれがしっかり区画されています。特にあさぎりキャンプ場内でワークショップやマス釣りも楽しめるのでおすすめ!

まとめ

キャンプ場によっては予約のルールが3ヶ月先・2ヶ月先までと様々です。今回ご紹介したキャンプ場は既に夏休み中は満席となる所もありますが、予約が全く取れないキャンプ場ではありません。ただ、早いタイミングでないとすぐに埋まってしまうのでぜひお早めにご予約を!我が家も8月はまだ予約が取れていないので、今から予約合戦頑張りますw

hinataレンタル

-キャンプ
-, ,

Copyright© あさゆけブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.